鮪やおいしさの秘密
めばち鮪  世界の海で捕獲されたまぐろは、船上で内蔵を除去し、船内にあるマイナス50〜60℃の超低温冷凍庫で瞬間凍結します。この冷凍技術のおかげで、長期間に渡り、捕れたての鮮度を保つ事ができるのです。ちなみに、家庭用の一般的な冷凍庫では、マイナス15℃〜18℃位で、この温度帯では、長期間鮮度を保つことは出来ません。
神奈川県三浦三崎港:大迫力の水揚げ風景
(神奈川県三浦三崎港:大迫力の水揚げ風景、鮮度命のまぐろを手早く水揚げします。鮮度を保つために、三崎の町、全体でシステム化されています。)
 三崎港で水揚げされたまぐろは、直ちに市場近辺の 超低温冷蔵庫に、鮮度そのまま保管 されます。

営業部仕入担当:梶原正次郎。真剣に選んでます。
(丸福水産 営業部仕入担当:梶原正次郎。真剣に選んでます。)
 その後、市場に並べられた「まぐろ」たちを、丸福水産のベテラン仕入担当者が、 おいしいところを吟味して選び抜きます
 写真で、まぐろの尾っぽ部分だけ、解凍されて並べられているがわかりますか?。脂ののり、色味等を、尾の部分を見て的確に判断します。
▼こちらもご覧下さい。
「三崎まぐろの鮪や 丸福社長マグロ日記」より
マグロの尾っぽ


丸福水産_晴海工場
(丸福水産晴海工場 :衛生管理に重点を置き、安全安心をモットーに加工しています。)
 こうして、選び抜かれた新鮮なまぐろたちは、 衛生管理された丸福水産の自社工場 へ、運ばれてきます。

加工風景
(丸福水産晴海工場 切身加工責任者:藤崎幸助。熟練の技で手早く加工します。)
 鮮度が命のまぐろを、 凍ったまま手早く加工 します。


 まぐろの町、三崎、また、加工場に直結している鮪やだから可能な、新鮮なでおいしいまぐろの商品を、全国のお客様の食卓へお届けしています。

自信をもっておすすめいたします。


調理例;
調理例
( メバチマグロ大トロさく、中トロさく、赤身さく、まぐろのカマスライス、ネギトロ、まぐろ粕漬、味噌漬、まぐろの角煮、まぐろのしぐれ煮 )
新着/売れ筋ランキング
営業カレンダー
12月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
1月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 
定休日のお知らせ
定休日 定休日つきましては、メールの返信が出来ません。翌営業日以降のご返信となりますので、ご了承ください。
鮪やの携帯サイト
三崎 まぐろ 料理 レシピ QRコード 携帯向けサイト
三崎 まぐろ 料理 レシピ QRコード 携帯向けサイト
携帯向けサイト
催事の予定

・11月15日(水)~11月21日(火)
 髙島屋 港南台 地下1階

【平成30年】
・1月24日(水)~1月30日(火)
 髙島屋 港南台 地下1階

・1月31日(水)~2月6日(火)
 髙島屋 横浜 地下2階